福田こうへい【筑波の寛太郎】歌詞に込められた思いとは?作者の情報も

福田こうへい
スポンサーリンク

演歌歌手の福田こうへいさん、演歌界のプリンスとして大活躍ですね。
そんなこうへいさんが、6月10日に新曲を発売します!

そこで、今回の新曲「筑波の貫太郎」の歌詞にはどのような思いが込められているのか?曲の作者はどんな方なのか?など疑問に思ったので調べてみましたよ!

スポンサーリンク

福田こうへい【筑波の貫太郎】歌詞に込められた思いとは?

福田こうへいファンにとっては待望の新曲が発売されますね!!

しばらくコンサートやイベントが中止や延期が続いている中、とっても嬉しいニュースです!

今回の新曲【筑波の貫太郎】とは、どんな曲になっているのでしょうか??

【プロモーションビデオ】福田こうへい『筑波の寛太郎』

 

【筑波の貫太郎】歌詞が知りたい!!

新曲【筑波の貫太郎】の歌詞は☟のリンクからご覧ください!

福田こうへい 筑波の寛太郎 歌詞&動画視聴 - 歌ネット
福田こうへいの「筑波の寛太郎」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)筑波颪を合羽でよけて 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。

筑波の貫太郎はこうへいさんのラジオ番組でも紹介されています!

こうへいさんのラジオ番組についてはこちらからどうぞ☟
https://365dayssmile.com/kouhei-f-19

 

新曲のテーマは何??

新曲の【筑波の貫太郎】のテーマはズバリ

股旅

2019年10月に股旅の世界を舞台にした楽曲を収録したアルバム「粋」をリリースし、2020年10月には人情時代劇とスペシャルコンサートの2部構成となる大阪・新歌舞伎座での座長公演を控えているこうへいさん。2020年勝負シングルとなる今作もずばり「股旅」がテーマとなっています!

 

「粋」の購入はこちらからどうぞ☟


人情時代劇の様子が知りたい

福田こうへいさんが座長を務めている人情時代劇。

その様子はこちらからどうぞ

明治座 2月 福田こうへい 特別公演 千穐楽 カーテンコールより

明治座での座長公演を行っている福田こうへいさん。
2020年10月にも大阪・新歌舞伎座でも座長公演を予定しています。

今回発売の新曲【筑波の貫太郎】も座長公演に向けての曲でもあります。
コンサートの延期や中止が相次ぐ中、今回の新曲を引っさげた座長公演は、無事に開催されて欲しいと願うばかりです。

 

【筑波の貫太郎】作者について調べてみた!

福田さんの新曲【筑波の貫太郎】の作者とは、いったいどんな方なのでしょうか?
作詩には2019年の作詩大賞に輝いた松岡弘一氏、作曲には「箱根八里の半次郎」など渡世人の世界を舞台にした楽曲で名高い水森英夫氏、二人の初タッグとなる曲です。

 

作詞の松岡弘一氏について

今回の【筑波の貫太郎】の作詞を担当した松岡弘一氏について調べてみました!

松岡 弘一(まつおか こういち、1947年7月7日 – )は、日本の小説家。
埼玉県川島町生まれ。日本大学経済学部中退。1991年に黒豹小説賞、小説CLUB新人賞、新鷹会池内祥三文学奨励賞を受賞してデビュー。1997年、日本文芸家クラブ大賞を短編小説部門で受賞。

(ウィキペディアより)

松岡氏は元々小説家だったのですね。
小説家から作詞家への転向で、見事大成功を収め演歌界で活躍する方々へ素晴らしい詩を提供してくださっているのですね!

松岡弘一氏は2019年末に氷川きよしさんが歌う「最上の船頭」で優れた歌詞を表彰する「第52回日本作詩大賞」を受賞されています。
その時のインタビュー記事がこちらです☟

「氷川さんのおかげです」松岡弘一氏に日本作詩大賞 - 音楽 : 日刊スポーツ
優れた歌詞を表彰する「第52回日本作詩大賞」が14日、BSテレビ東京で生放送され、松岡弘一氏の「最上の船頭」が大賞に輝いた。壇上で受賞を聞くと、松岡氏は万感の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今回、福田こうへいさんの新曲【筑波の貫太郎】の歌詞を担当された松岡氏。
股旅の情景をどのように表現しているのでしょうか??
新曲の発売がますます楽しみになりますね!!

 

作曲の水森英夫氏について

【筑波の貫太郎】の作曲・編曲を担当された水森英夫氏について調べてみました!

水森 英夫(みずもり ひでお、1949年9月18日 – )は、日本の歌手、作曲家。栃木県出身。京北中学校・高等学校卒。日本作曲家協会常務理事。門下生に氷川きよし、森山愛子、山内惠介、音羽しのぶ、三代目コロムビア・ローズ、黒川真一朗、小村美貴、松尾雄史

  • 敏いとうとハッピー&ブルーの初期のメンバーとして活動。
  • 三音たかお」の芸名で「たった二年と二ヶ月で」(作詞:阿久悠/作曲:水森英夫/編曲:小谷充)をリリース。全く売れなかったが曲が良かったため、「水森英夫」に改名して再リリースしヒットした。この曲はのちに唐木淳(現:黒木憲ジュニア)、角川博らがカバーしている。
  • 1977年に歌手を引退し、作曲活動に入る。
  • 1995年12月、審査員をしていたNHK「BS歌謡塾あなたが一番」で氷川きよしをスカウト。「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音次郎」「きよしのズンドコ節」をはじめ数多くのヒット曲を作曲し、人気歌手に育てた。
  • 2017年12月31日、テレビ東京で放送された「第50回年忘れにっぽんのうた」にて美輪明宏のリクエストで40年ぶりの舞台に立つ。「たった二年と二ヶ月で」を披露した。

門下生にはたくさんの有名な歌手の方々の名前が連なっていますね!
氷川きよしさんの生みの親と言って良いほどの、すごい方です!

水森さんの歌声がこちらです☟

9077 SC ♪ たった二年と二ヶ月で ☆ 水森英夫 ◇ 190412

とても素晴らしい歌声です!!
今回の福田こうへいさんの新曲はどんなメロディーになっているのでしょうか??
水森さんの作曲・編曲ならきっと素敵な曲になっているのではないでしょうか?ますます早く新曲が聞きたいですね!

筑波の貫太郎購入はこちらからどうぞ!!

 まとめ

演歌歌手の福田こうへいさん。
もうすぐ発売される新曲【筑波の貫太郎】はどんな曲になっているのか、ファンにとっては待ち遠しですね!

コンサートやイベントの中止や延期が相次ぐ中で、この新曲の発表はとても明るいニュースです!

その新曲【筑波の貫太郎】の作詞・作曲された松岡氏と水森氏の初共演の曲となり、とても興味深く思います!
新曲の発売、楽しみに待ちましょう!!そして、これからもこうへいさんを応援し盛り上げていきましょうね!!

福田こうへいさんについての記事はこちらからどうぞ☟

福田こうへいプロフィールのまとめ|幼少期から現在まで【レア情報も】
演歌歌手の福田こうへいさん。 大活躍のこうへいさんについての記事を書いてきました。 今回は、こうへいさんについてのブログ記事をカテゴリー別にまとめてみました。 これを見ればこうへいさんについての情報をまとめて知ることができること間...

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました