子供の【偏食や食事のマナー】好き嫌いなく食べれるようになるには⁉

子育て
スポンサーリンク

こんにちは。まろんママです。

今回は子どもの偏食や食事のマナーについて書いていきます。

 

子供の偏食・食事のマナーはどうやって教えたら良いの⁉

子育てしていると、毎日のように子供野に食事を準備して食べさせて、後片付けをして…。半端ない労力ですよね。

何でも食べてほしいけど食べてもらえず

野菜など栄養があるものをたくさん食べてほしいと思って一生懸命にメニューを考えて食事を作ったのに、子供は全く食べてくれず…。

そんな経験したことありあせんか?子供が苦手な食材があるのは把握できるけど、それを好きになってもらうにはどうしたら良いか、お母さんにとっては永遠に終わらない悩みですよね。

食事のマナーはどうやって教えるのか

偏食だけではなく、食事のマナーについても教えていかなくてはなりません。

スプーンやフォークの持ち方から始まり、箸の持ち方、肘をテーブルにつかない、食器に手を添える、食べ方、等々。

食事中に口うるさく注意していることが多くて、食事をするのになんでこんなに疲れるのか…と思ってしまいますよね。

私はわが子の食事に対する悩みは、箸の落ち方がなかなか治らなかった事です。

そもそもスプーンの持ち方から上手にできなかったのが、箸を使うようになっても持ち方が悪く、そのまま小学生になってしまいました。

しかし、それは箸の持ち方だけではなく、鉛筆の持ち方にまで影響が及び、未だに持ち方の練習をしている状況です。

 

子供の偏食に対するアプローチの仕方

子供の偏食に対してのアプローチの仕方について、保育園ではこんな方法を取っています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

子供の偏食に対してのアプローチ
★絵本や紙芝居などで食材について知らせる
★家庭菜園を行い、自分で育てる
★一緒に食事をする

絵本や紙芝居などで食材について知らせる

保育園では栄養士・調理師と保育士が連携して食育を進めています。一人一人の食事の様子を見ながら、ひとりひとりに合わせた対応をしています。

苦手な食材は個々に違いはありますが、その食材を排除するのではなく、少しでも興味を持ってもらえるように苦手な食材に関する絵本や紙芝居を読み聞かせています。

苦手な食材にはどんな力を持っているのかを伝えることで、ちょっとでも興味を持ってもらえるようにしています。

家庭菜園を行い、自分で育てる

食育で一番伝わりやすいのが家庭菜園です。

プランターでも良いので、一緒に土を耕して苗を植え、水やりや草取りなどのお世話をしながら成長を一緒に観察してくることで、子供たちはその野菜に対しての興味を持つようになります。

実がなって収穫した時の喜びを一緒に共有することで、「自分で育てた野菜を食べてみたい!」という思いに変化していきます。

そこで一口でも食べれたら食育は成功‼その一口に子供の成長が詰まっているのです。

一緒に食事をする

子供は大人の姿を見て学んでいきます。

食事も同様、大人がおいしそうに食事をしていると「おいしいのかな?」とちょっとした興味を持つようになります。

そこで重要なのが大人が発する言葉。
「おいしい!」
「苦いけどソースが甘いからおいしく食べれる!」

などの具体的な言葉を発しながら食べて見せることで、子供はその情報から「食べてみようかな?」という行動に切り替わります。

大人と一緒の食事で「食べなさい!」「これを食べるまでデザートは無し!」という強要するような言葉は逆効果です。

大人がおいしそうに、具体的なコメントを言いながら食事をすることで子供の食事は変わってきます。

子供の偏食や食事のマナーは保育園などの集団生活の力を借りましょう‼

家庭での食事で子供の偏食や食事のマナーを伝えていくのには限界があります。

家庭以外での食事でマナーを学ぶ

「しっかりと食事ができるようにしないと!」と責任感を感じて躍起になっているお母さん。そんなに頑張らなくても大丈夫です。

「わが子だけちゃんと食事ができていなかったら恥ずかしい思いをさせてしまう!」
と周りを気にしているお母さん。大丈夫です。
たいていの子は偏食もあり、食事のマナーも完璧ではありません!

偏食や食事のマナーは、食事の度に学ぶもの。家庭だけでの食事ではなく、保育園などの集団生活でも学ぶ機会はあります。

むしろ、家庭で学ぶより、集団で学んだ方が子供にとっては吸収しやすいところもあります。

家庭だけで頑張ろうとせず、集団の力を借りてみてください。

自然と子供はお友達や保育士の姿を見て学んできます。保育士も一人一人の食事の様子を見ながら適切に指導しています。

心配なところは遠慮せずに相談しましょう

保育士に家庭で食事で心配な所を相談してみてください。保育士や調理・栄養士が子供を見守りながら教えていきます。

家庭では注意しながら食事をするのではなく、楽しんで一緒に食事をしてあげてほしいと思います。

子供にとって食事の時間を苦痛なものにしないよう、家庭と保育園で協力していかなくてはならないと思います。

さいごに

食事のマナーや偏食について、家庭では悩みの種の一つですね。

しかし、家庭において一生懸命に直そうとしても限界があります。
家庭ではある程度の食事のマナーと偏食に対してのアプローチで充分です。

保育園などの集団生活に行くと、他のお友達と一緒に食事をしながら子供同士で刺激を受け合い、自然と食事のマナーが身に付き、偏食も少しずつ治っていきます。

心配し過ぎて、行き過ぎたしつけにならないよう、集団の力をうまく借りながら子供の食事のマナーや偏食を治していけるよう、見守ってあげてください。

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました