2019年10月よりすべての幼児教育を無償化‼誰にメリットがあるの⁉

保育士
スポンサーリンク

2019年10月より施行されるすべての幼児教育を無償化!一体どういう仕組み⁉

こんにちわ!まろんママです。
今回は2019年10月より施行される予定の幼児教育の無償化について書いていきます。

総論
○ 「新しい経済政策パッケージ」、「骨太の方針2018」を踏まえ、次期通常国会への子ども・子育て支援法改正法案の提出に向けて検討
○ 幼児教育の無償化の趣旨 → 幼児教育の負担軽減を図る少子化対策、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性

政府は2018年12月に上記のように総論として資料を公開しました。
2019年10月よりすべての幼児教育を無償化するという方針を打ち出したのです。

対象者・対象範囲等
(1)幼稚園、保育所、認定こども園等
● 3~5歳:幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育、企業主導型保育(標準的な利用料)の利用料を無償化
※ 新制度の対象とならない幼稚園については、月額上限2.57万円(注:国立大学附属幼稚園0.87万円、国立特別支援学校幼稚部0.04万円)まで無償化
※ 開始年齢 … 原則、小学校就学前の3年間を無償化。ただし、幼稚園については、学校教育法の規定等に鑑み、満3歳から無償化
※ 各種学校については、幼児教育を含む個別の教育に関する基準はなく、多種多様な教育を行っており、また、児童福祉法上、認可外保育施設にも該当しない
ため、無償化の対象外。上記以外の幼児教育を目的とする施設については、乳幼児が保育されている実態がある場合、認可外保育施設の届出があれば、保育
の必要性のある子供については無償化の対象
※ 保護者から実費で徴収している費用(通園送迎費、食材料費、行事費など)は、無償化の対象外。食材料費については、保護者が負担する考え方を維持。
3~5歳は施設による実費徴収を基本。低所得者世帯等の副食費の免除を継続し、免除対象者を拡充(年収360万円未満相当世帯)
● 0~2歳:上記の施設を利用する住民税非課税世帯を対象として無償化

上記の内容のように、基本的には3~5歳児の保育料を所得に関わらず無償化するということなのです。ただし、給食費に関しては別途集金されることになります。この方針は10月より施行されるよていとなっています。

 

幼児教育の無償化でメリットがある人は誰⁉財源はどこから⁉

政府が打ち出した今回の政策、メリットがあるのは誰でしょうか⁉一体誰のために行う政策なのでしょうか⁉

総論にもあるように幼児教育の無償化によって、少子化対策と幼児教育の質の向上を目的としています。少子化対策としては、親の経済的な負担を軽減することで、子育てしやすい環境を整えることを意味しています。

この親の経済的な負担の軽減は、確かに保育料が家計の負担になるので仕事をしなくては家計を支えられない現状があり、子供をたくさん産むことに抵抗を感じている家庭にはありがたい政策だと思います。

幼児教育を無償化にすることで、保護者にとっては経済的・環境的に恵まれ、メリットがあると言えます。この財源は10月から施行される消費税10パーセントに引き上げという法案が施行されることにより発生する財源を充てられます。

 

幼児教育の無償化による保育士へのメリットはあるのか⁉保育の質の向上はどのように⁉

 

このすべての幼児教育を無償化するという方針に、現役保育士としては納得がいかない思いがあります。
無償化により幼児教育の金銭的な負担を軽減することはできても、現場の保育士の負担は軽減されるのか⁉疑問です。

現場の保育士は研修などを積極的に受けながら、自分たちのスキルアップを図った上で保育しています。保育所保育指針にも書かれている通り「保育の質の向上」を目指して、保育士個人はもちろん、園全体で研修に取り組むなど積極的に動いています。

現場では意識を高くして保育士が仕事をしているのに、政府はそういった現場への配慮は考えているのでしょうか⁉私たち保育士にはいったいどんなメリットがあるのでしょうか⁉

無償化により保護者の負担は軽減できても、現場の保育士の負担は軽減されるばかりか、さらに重くなっていくのではないかと感じてしまいます。現場の保育士にも給与が十分に支給される保証がないと、保育士不足を招く事態になるのではないでしょうか⁉

少子化対策するなら保育の現場から先に変えていくべき!!この声が届くことを祈るばかりです

政府は生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性を幼児教育の現場に求めていますが、幼児教育とは、人生という建物の基礎工事の部分に当たりとても重要な時期を担っています。この基礎が不十分だと建物はいずれ崩壊します。

そういう人格形成の基礎を担っている重要なポジションにある現場の保育士に対いて政府は対策をしているでしょうか⁉基礎の基礎が出来上がっていなければいくら無償化にしても、保育の質の向上を求めても何の変化も起きないと思います。

幼児教育で働く保育士の現場をもっと政府は深刻に考えるべき!!その対策をしたうえで無償化を進めるべきだと私は思います。しかし、この声が政府に届くことは無いと思いますが、少しでも共感してくれる人たちがいてくれたら私は嬉しいです。保育士という仕事が好きだから…。

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

 

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました