赤ちゃんの離乳食の初め時は⁉離乳食のプロが教えます!

子育て
スポンサーリンク

離乳食ってどういう意味⁉赤ちゃんの離乳食はいつ頃から始めるのがベスト⁉

こんにちわ!まろんママです。
今回は、赤ちゃんの離乳食について書いていきます。

赤ちゃんが生まれると、ママからの母乳や人工乳などで授乳し栄養分を摂取しています。

お腹の中にいた時はへその緒を通して栄養を摂取していた赤ちゃんですが、生まれて地上に降り立つと母乳や人工乳を定期的に与えてもらって栄養を体に取り込まなくてはなりません。

赤ちゃんはミルクや母乳に慣れてくると少しずつミルクや母乳以外の味に触れていかなくてはなりません。これが離乳食の開始と言います。

離乳食を始める時期は、5~6か月頃と言われています。しかし、どの子も5か月になったからその日から始めても良いという事ではありません。離乳食を始める時期は赤ちゃんのサインを待ってからにしましょう!

離乳食を始めるタイミングは?気を付けなくてはいけないポイントはこれ!

離乳食を開始する際の発達の目安
★首が座っている
★支えてあげると一人で座れる
★食べ物に興味を示す
★スプーンを口に入れても押し返さない

離乳食の開始時期は一般的に5~6か月頃と言われています。しかし、どの子も5か月から始めて良いという事ではなく、ある程度の体の成長が確認されてから始めることが大事です。

上記のように、首が座っていることと、腰もある程度安定している時期が5~6か月頃の発達の目安になります。自分で首や腰を支えることができないと、うまく食べ物を咀嚼したり飲み込んだりすることが難しいからです。

また、家族が食事をしている様子を見ている赤ちゃんが、一緒に口を動かしていたり、口を開ける真似をしていたりすると、食べ物に興味を示しています。これも食べたいという赤ちゃんからのサインになります。

赤ちゃんにお茶や白湯をスプーンで飲ませる時に、スプーンを口に入れても押し返さないようになると、哺乳反射が減退している証なので、離乳食を始めても良いというサインになります。

これらの条件が揃ったところで離乳食を始める良い時期になります。これらの条件が揃った上に赤ちゃんの体調や機嫌の良い時を選んで始めて見ることが大切です。

毎日決まった時間に離乳食を与えていくので、旅行などの計画がある場合は旅行が終わってから始めるようにしましょう。決まった時間とは言え、赤ちゃんにとっては眠くなってしまう日もあるので、その場合は多少の時間がズレることは大丈夫です。

離乳食を始める時は何から食べさせたら良いの⁉食べさせる時間は⁉

離乳食の開始したら、まずは10倍がゆを1日1回1さじから始めましょう。
離乳食を食べる時間はミルクや母乳の時間の前に試してみると良いです。午前10時頃に1さじ食べてみてその後にミルクや母乳を飲めるように時間を調節しましょう。

10倍がゆとは、米1に対して水10で炊いたおかゆのこと。炊きあがったおかゆは米の粒がまだ大きいので、すり鉢でおかゆをすりつぶしてから与えます。

1さじを1週間ほどかけて与えてみて、体調に変化がなければ2さじ、3さじと少しずつ増やしていきます。おかゆが口の中に入っていかず、口からベロベロと出てきても無理に口の中に押し込めなくても大丈夫です。下の上におかゆを乗せて、味を確かめることができれば十分です。

離乳食は始めが肝心!!焦ると失敗することも!赤ちゃんのペースに合わせる事が大事です

離乳食は赤ちゃんが食べ物を始めて経験するので、実は最初が肝心なのです。それまで母乳や人工乳の味しか胃袋に入れたことがない赤ちゃんが、初めて主食である米を胃袋に入れるのです。ここで無理に食べさせてしまうとアレルギーの原因になったり胃の調子を悪くしてしまうことがあります。

離乳食の開始は焦らず、慎重に行うことが肝心です。たった1さじからの開始ですが、たくさん食べるからと何さじも与えるのは間違いです。胃袋が消化の準備ができていない状態でたくさん与えると消化不良を起こしかねません。

離乳食を始める時はゆっくり、気長に始めましょう。そして最も重要なのが、お母さんと赤ちゃんがしっかりと顔を合わせて声をかけながら食べさせること。赤ちゃんはお母さんの声と表情をしっかり見ながら離乳食を食べます。初めてのことで不安なのはお母さんも赤ちゃんも一緒!安心して食べられるようにお母さんがしっかり顔を合わせて声をかけてあげましょう。

まとめ

離乳食は赤ちゃんが「食事」を始める第1歩!
母乳や人工乳から離れて食事にシフトしていくための準備期間の開始です。

赤ちゃんはまだ言葉が話せないので、体調の変化を訴えることができません。離乳食を開始したらなるべく目を離さずに体調を確認していきましょう。

気になる様子があればすぐに病院を受診するか、栄養士などに相談してみるのも良いでしょう。栄養士は、曜日によってドラッグストアのベビー用品コーナーにいる場合があります。気軽に声をかけて離乳食について聞いてみると良いでしょう!

悩んだ時は一人で解決せずに、専門家に相談しながら進めていきましょう。

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました