良い子に育ってほしいなら、叱るより褒めれば良い。前向きに進める子に育てよう‼

子育て
スポンサーリンク

親なら誰でも思う、わが子は良い子に育って欲しい。しかし現実は難しい。

こんにちわ!まろんママです。
今回は子どもが良い子に育つにはどうしたら良いか⁉について書いていきます。

子育てしていると様々な壁にぶち当たります。反抗期などがその例です。大人の思う通りに動いてくれない、屁理屈を言うなど子供の行動や言動についイラッとなり叱りつけてしまいます。
叱るたびに「何でうちの子はこうなってしまったんだろう。」と考え込んでしまいますよね。

私もわが子の行動や言動にいちいち「こうしなさい!」「ああしなさい」「それはダメ!」「それもダメ!」と口うるさく叱ったり注意してしまいます。
ふと気が付くと、うるさく注意している自分に何だか嫌気がさしたり…。子育てって一筋縄じゃいかないですね。

しかし、叱られている子供の立場になってみたら、大人がガミガミと叱ってくることに対してどう思っているのでしょうか?
言われている事を理解しているのでしょうか?理解しようとしているのでしょうか?
もし子供の心に響いていないなら、叱り方が足りなかったということなのでしょうか?

子供は叱るより褒められることが好き。子供は褒められて伸びるタイプなんです!

子供は叱られるより褒められる方が大好きです。それは大人でも一緒ですよね。一生懸命に仕事をしていても叱られると凹みますが、褒められて評価されるととても嬉しいし、もっと頑張ろうという気持ちになります。
子供も同じく、叱られるより褒められた方が自分に自信が持つことができるので、もっと頑張ろう!とやる気が出るのです。その自分に自信を持ち前向きに考えることを「自己肯定感」と言います。

幼児教育の中でもこの自己肯定感を意識した保育が進められています。自己肯定感を持てるようにするには、ただただ褒める、褒めまくる、褒めて褒めて褒めれば良いのか⁉というとそうではありません。
褒めまくるという行為はただの「甘やかし」と一緒です。

では自己肯定感を育てるにはどうしたらよいのでしょうか?自己肯定感を育むために大人ができることは?言葉にちょっとの魔法をかけるだけで子供を前向きにさせることができるのです。

自己肯定感を育むために言葉にかける魔法とは一体⁉

子供の自己肯定感を育むためには、褒めてばかりいもダメ!叱るのもダメ!という事ではありません。子育てには褒めることも叱ることも両方必要なのです。
褒めるのは簡単ですが、日常の中では叱る方が比率が多かったりしませんか?たぶんどこの家庭においても褒めるより叱る言葉の方が多くなっていると思います。しかし、叱るにしても言葉を少しだけ変えてあげるだけで、否定的ではなく肯定的なものになっていきます。

供を叱るときの言葉のかけ方の例え
★うるさい! → 半分の声にしようね
★早くしなさい! → 5分で終わればテレビ見れるよ
★何度言ったら分かるの! → どうしたら良いと思う?
★いい加減にしなさい! → あとどれくらいでできる?
★ちょっと待ちなさい! → あと〇分待って

これらはまだほんの一部なのですが、私がよくわが子にかけてしまう言葉です。見えたことを頭ごなしに叱りつけても子供には理解できていません。言い方を少し変えて具体的にすることで、子供に分かりやすくなるし威圧的にはなりません。

子供の行動や言動に対して、理解させようとつい強い口調で叱ってしまうことがあり、時間が経ってから「ちょっと言い過ぎたかな…。」と反省することもあるでしょう。しかし、ちょっと言葉を変えて話すことにより、子供にも理解させることができる上、自分の気持ちも少しは穏やかでいられるようになります。
威圧的に言葉を浴びせれば子供の心に響くと思いがちですが、威圧的に話しても子供はおびえるだけで前向きに気持ちを向くことは無くなってしまいます。否定的な言葉をかければ自分を否定的に思ってしまう子に育ってしまいます。しかし、肯定的な言葉をかければ自己肯定感を持った子に育ちます。
子供が前向きに育つかどうかは、周りの大人の言葉のかけ方次第とも言えます。

言葉に魔法をかけて子供の自己肯定感を育みましょう!褒められて育つとスーパースターも夢ではない!

子育てで難しいのがやはり褒めるということ、叱らないということ。しかし、どちらも必要な言葉がけではあります。しかし、言葉に魔法をかけるだけで、子供に自己肯定感を持たせることができます。

実は、海外の大リーグで活躍しているあの選手の母親も、失敗しても叱らず「大丈夫!」という声掛けをして育ててきたそうです。人間だから失敗は必ずあるもの。それを「何やってるの!」と叱るのではなく、「大丈夫!次は頑張ろう!」という声掛けをしてあげる事でいつまでも下を向いているのではなく、前を向いてどんどん進んだので、今では日本が誇るスーパースターになっています。
良い子に育てたいなら、前向きな言葉がけ!これが一番大切ですね!

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました