秋におすすめの読み聞かせ絵本10選!親子で一緒に読みましょう!

子育て
スポンサーリンク

こんにちわ!まろんママです。
今回は、秋におすすめの絵本をご紹介します。

秋はゆったりと親子で読書を楽しむ時間を持つのも良いですね。

秋は収穫の時期でもあり、様々なおいしいものを題材にした絵本がたくさんあります。

また、冬を前にした動物たちや虫たちに関する絵本もあります。

秋が楽しみになる絵本をご紹介したいと思います。

 

秋と言えば「食欲」と思うのは私だけ!?

秋と言えば「食欲」がまず浮かんでしまう私です。
まずは秋の食べ物にちなんだ絵本をご紹介していきます。

秋にたべたくなる「おいも」の絵本

おおきなおおきなおいも

 幼稚園の子供たちが楽しみにしていた芋掘り遠足が雨で延期に…。がっかりしていた子供たちは自分たちで大きなお芋の絵を描き始めます。
空想はどんどん広がり、その大きなお芋をどうやって運ぶか、どんな料理をして食べるかアイディアがどんどん出てきます。
最後はおならで空中散歩!おいもについての空想で盛り上がる子供たちの様子が微笑ましい1冊です。

親子で読んだら一緒にお芋のクッキングが楽しめそうですね!

さつまのおいも

おいもにだって意思がある!土の中で生活するお芋の様子を描いた絵本。
芋掘りで子供たちが引っ張っても、お芋だって引っ張り返す。綱引きになっている場面が子供たちには人気です。
お芋と言えばやっぱり「おなら」子供に大うけの絵本です。

秋に収穫する野菜の絵本

おやおや おやさい

お野菜たちのマラソン大会!いろんな野菜が出てきて様々なハプニングが!!
野菜たちのちょっとしたダジャレにもご注目。韻をふむような言葉で子供たちも楽しく野菜の名前を覚えられます。
愉快なお野菜の様子を見て、野菜にちょっと興味を持たせることもできるかも。

やさいさん

たのしい仕掛けがついた絵本です。
だいこんやニンジンの野菜がグラフィックに描かれ、ユーモアたっぷりのお話になっています。
ページをめくるたびに子供も大喜びです。
絵を見ながらちょっとしたクイズも楽しめる絵本です。

秋に食べたい料理といえば…

なべぶぎょう ~いっけんらくちゃく~
江戸の町に、頭が鍋の奉行がいた!?この奉行、もちこまれた事件やもめごとを、具の煮え具合をたしかめながら解決します。鍋奉行のもとには、きょうもうったえがとどきます。うなぎ屋がうなぎを焼いたにおいには、お金をはらうべきか?はらわなくてもよいか?などなど。鍋奉行、どんな裁きを見せるのか楽しみな絵本です。

おでんのゆ
「おでん」を囲む食卓といえば、あたたかな家庭のだんらんを思い起こしますね。 この絵本では、あったかいお鍋を、おふろに見立てています。 おでんの具たちが次々飛び込んできて「ああ、いいゆだな」。 次はどんな具が登場するか、という楽しみでページをめくり、くりかえされる台詞に安心できる、 子どもたちの大好きな食べ物絵本です。

 

秋の生き物やイベントを題材にした絵本はこちら

秋と言えば食べ物だけではないですね…。
お月見やハロウィンなど、秋ならではのイベントもあります。そんな行事を取り上げた絵本をご紹介します。

 

お月見を題材にした絵本

おつきさまこんばんこんばんは
まん丸い大きなお月様がおうちの屋根の上に…。雲に隠れてお月様のお顔が見えなくなったり。
お月様の優しい顔に癒されながら、ゆっくり読める絵本です。読んだ後は夜空を一緒に眺めたくなります。
十五夜の前にぜひ一緒に読んで、満月を見上げて見るのもいいですね。

おつきみおばけ
お月見の夜にちいさなうさぎちゃんをなぐさめようと、ちいさなおばけちゃんはお団子に化けますが…。少しおっちょこちょいなお化けちゃんにほっこりするお話です。
親子で読んで、お月見に興味を持ってもらえたら良いですね。

 

秋のイベントといえばハロウィン!

ハッピー ハロウィン
小さい子でもハロウィン気分が味わえる、シンプルな内容。あなたのおうちに、オバケやオオカミ男など、さまざなモンスターが訪れ、最後にあらわれた魔女が、あなた用の仮装のお面を持ってきてくれて……という流れでストーリーが展開します。最大の特徴は、クライマックスに用意された、「かぼちゃのお面」のしかけです。実際にお面の目と口の部分に穴があけられているので、それを顔に合わせると、あっという間に「ジャック・オ・ランタン」に早変わり。ハロウィンの楽しさである、「仮装」にフューチャーされた見事なしかけは、読み聞かせで盛り上がること間違いなしです!

トリック オア トリート!
今日はハロウィン。4人の子どもたちが、とっておきの仮装ででかけます。いろんな家のドアをたたいて、あいことばをいってみよう。
「トリック オア トリート おかしくれなきゃ いたずらしちゃうぞ!」
だれがでてくるかな? どんなおかしをもらえるかな?
ポケットがおかしがいっぱいになったころ、
町はずれの大きなおやしきのドアをたたくと、そこは・・・。
声を出したり、あてっこをしたり、小さい子どもたちも参加しながら楽しめるハロウィン絵本。
暗いところでおばけが光る、蓄光インクを使った驚きのページもありますよ!

 

さいごに

秋は日が暮れるのも早くなり、夜にゆったりと親子で読書を楽しめる時期です。

日本の秋はイベントや食べ物も豊富なので、子供と一緒に興味を持って絵本から学ぶ時間を持つのも良いでしょう。

子供に絵本を読み聞かせながらも、大人にも新たな発見があったり、絵本の中のユーモアに大人も引き込まれたり。

絵本は子どもだけが楽しめるものではありません。ぜひ大人も一緒に楽しんでみてほしいと思います。

絵本をたくさん読むことで、子供は創造力が豊かになり、知識や言葉の習得も早くなります。

あきという素敵な季節を親子で充実してすごせますように…。

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました