現役保育士が教えます!子供のトイレトレーニングはどのタイミングで始めれば良いのか⁉

子育て
スポンサーリンク

焦ってはダメです!子供のトイレトレーニングは子供のタイミングが重要‼

こんにちわ!まろんママです。
今回は子供のトイレトレーニングについて書いていきます。

子供が1歳を過ぎた頃になると、「トイレトレーニング」というキーワードがお母さんの周りで囁かれるようになると思います。

わが子もトレーニングを始めなくては⁉と焦り始めるお母さんが増えてきます。ママ友との会話にもトイレトレーニングという言葉が出てくるので余計に焦ってしまいますね。

保育士歴23年の私は、今までたくさんの子供のトイレトレーニングに関わってきました。その経験からトイレトレーニングに焦るお母さんに言いたいのは、

トイレトレーニングのタイミングはすべて子供のペースに合わせてほしい!

という事です。
お母さんが焦っても子供のトイレトレーニングは進みません!余計に子供を混乱させるだけなので、無理は禁物です。

 

トイレトレーニングはどのタイミングで始めたら良いの⁉

子供のトイレトレーニングを始めるのに良いタイミングは、おむつ交換の時におむつが汚れていない時が始めるのに良い時期です!

子育て中のお母さんはおむつ交換をある程度決まった時間に行うと思いますが、その間隔の中で、ある時おむつが汚れていない事が出てくると思います。それは、子供の排尿の間隔が少し伸びたというサインなのです。

おむつが汚れていない時はおまるに座らせてみるということを繰り返していると、トイレで排尿することが習慣になっていきます。

おまるに座るということを繰り返していると、偶然にも排尿に成功することが出てきます。その時こそお母さんの出番!!子供をめちゃくちゃ褒めてあげてください!

お母さんが喜ぶ姿を見て子供も嬉しくなります。トイレに成功したことは子供には理解できていなくても、「お母さんが喜んでいる」という事は子供にも理解できます。

お母さんが喜ぶという事を繰り返しているうちに、何となく「おまるで排尿できたことを喜んでいるのかな⁉」と子供も理解できてくるでしょう。

保育園に子供を預けているお母さんにとっては、仕事と家事に追われておまるにじっくり座らせる時間もなかなか確保できないと思います。その時は、休日に試してみてください。その他は、保育園にお任せして大丈夫です。保育園ではお友達がトイレに行く姿を見て「自分もやってみよう!」という気持ちになっていきます。そこを保育士はタイミングを見てトイレトレーニングを行います。

集団生活の中でトイレトレーニングを行うと、とても進みが良いというケースもあります。その子によってトイレに行こうとするタイミングが違うので、保育士に相談してみると良いですよ。

 

トイレトレーニングで気を付けたい事!洗濯や掃除の機会が増えることは覚悟しましょう

子供のトイレトレーニングのタイミングが整う前に、お母さんはトイレトレーニングを行うに当たって覚悟を決めなくてはなりません。

その覚悟とは…

洗濯と掃除の機会が増える

という事です。

失敗をせずにトイレトレーニングが行えるわけがありません。子供ですから失敗を繰り返して成長していきます。子供が失敗を繰り返しながら学んでいるところを、お母さんは洗濯と掃除で応援してあげましょう!

トイレトレーニングを始める時は、いつ汚れても大丈夫なように、子供の着替え、雑巾、汚れ物をすぐに回収できるようにビニール袋やバケツなどを近くに用意しておきましょう。

トイレトレーニングをしている子供に失敗を注意してはダメ!自信を無くしてしまいます

子供のトイレトレーニングを成功させる秘訣は、

叱らないこと

失敗しても「何やってるの⁉」という言葉をかけてしまうと、子供は一気に自信を失います。頑張っているのに叱られると大人でも凹んでしまいますね。子供も同じで叱られると失敗を恐れて次に進めなくなってしまいます。

トイレトレーニングでは子供を褒めて自信をつけさせることが成功の秘訣と言えます。失敗しても励ましてあげる事、これが重要ポイントです!

布パンツは短時間から始めましょう!無理は禁物‼1度失敗したら紙パンツにしてあげましょう

子供のトイレトレーニングが進んできたら、布パンツに挑戦していくと思います。この布パンツに切り替える時もタイミングが大切なのです。

布パンツをはくと、肌の感触が違うので子供も落ち着かなくなります。せっかくおまるに座り排尿に成功してきても、この時点で失敗が増えてしまいます。

しかし、これは誰にでもあることなので、トイレトレーニングが失敗したということではありません。むしろこれからが本番とも言えるでしょう。

布パンツをはくのは1日に1時間程度から始めましょう。その前に失敗したらその日はトレーニング終了!紙パンツに切り替えてあげます。失敗しても続けて布パンツをはくと子供にとってはプレッシャーになり、自信を失う原因になります。

布パンツをはくのに無理は禁物!一日少しの時間から始めて、少しずつ時間を延ばしていきましょう!

トイレトレーニングはみんな同じではない!十人十色のトイレトレーニングがあります

子供のトイレトレーニングは十人十色。早くおむつが外れる子もいれば、なかなか外れない子もいます。しかし、親が焦ってはトレーニングは失敗してしまいます。

子供のペースに合わせて、親は励ましの声をかけてあげるだけで良いのです。子供は日々たくさんのことを学んでいます。覚える事がたくさんあるので、トイレトレーニングも自分のペースで学ばせてあげてほしいと思います。

子供を信じて、子供の学ぶ姿をやさしく見守り応援してあげてほしいと思います。

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

 

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました