子育てしやすい服とは!?保育士がベストチョイスな子供の服を伝授!

子育て
スポンサーリンク

こんにちわ!まろんママです。
今回は、子育てしやすい子供の服の選び方について書いていきます。

子供に着せる服、毎日のように予想気温や天気予報を見ながら選んで着せていますか?

薄着や厚着、ファッション性の高い服、生地の素材など気になる服選びのポイントを保育士の目線からお知らせしていきます。

 

ファッションと子育てしやすさどちらを選ぶ!?

我が子に着せる服、かわいいものをたくさん着せてあげたいという親の気持ちはとてもよく分かります。

最近の子供服は安価でかわいいデザインのものがたくさん販売されていますね。

 

子育てしやすい服とは

子供は日々成長しているので、大人の手を借りながら快適に過ごせるように衣服を調節しています。

おむつの交換も頻繁に行うので、そのたびに着脱するのに手間取ってしまいます。

また、成長してくると自分で衣服の着脱ができるようになってきますが、その時に自分でできない着脱が難しいデザインのものを着ていると、子供の着脱に対する意欲も奪われてしまいます。

子供の成長に合わせて、衣服のデザインや機能を変化させていくことが望ましいのです。

 

暑い・寒いのではないかと心配で

子供は暑い・寒いを自分で判断できないし、体調を崩すのではないかと心配になる母親。

いろいろ心配になるのでつい厚着やお腹が出ないような下着などを選びがちです。

しかし、心配するのは衣服ではなくて空調などの調節によって解決する方が効果はあるのです。

大事なのは子供の成長や動きに合わせた衣服を選んであげることなのです。

 

子供の年齢別に選びたい服

保育士の立場から、子供の年齢別に合わせた服の選び方をご紹介していきます。

0歳児(つかまり立ちができるまで)

新生児からつかまり立ちができるくらいの成長段階の子供は、大人にお世話されながら生活していくのでお世話しやすい服を選ぶのがベストです。

寝返りができるまでの子は、下着から上着まで1日に着替える回数が多いのでロンパースタイプのものが着せやすいです。

寝返りができるようになってくると、着替えている間にも寝返りをしてしまい、服を着せるのに時間がかかってしまいます。寝返りができるようになってきたら上下別れている服を選ぶようにしましょう。

 

つかまり立ちができるようになるまでは、下着も股の部分にホックのついたタイプを選ぶと、お腹が出てしまうことがなく便利です。

 

0歳児(伝い歩き)~1歳児

伝い歩きができるようになる頃には、子供は立って生活することを好むようになります。横に寝かせながらのおむつ交換を嫌がるようになるので、下着も股にホックのあるタイプは使用しないほうが良いでしょう。

お腹が出てしまうことが気になるのであれば、少し丈の長めの下着を選ぶようにすると良いです。

ズボンの着脱を自分でやってみようとするようになる時期なので、履きやすい柔らかい素材のズボンを選ぶと良いです。

トイレトレーニングも始まるので、下着の丈は長すぎない程度のものを選ぶと良いです。

 

2歳児~就学まで

トイレトレーニングも完了してくるので、ファッション性のある服も着れるようになってきます。

自分で衣服の着脱ができるように、上下とも柔らかく前後が分かりやすい服を選ぶと良いです。

洋服の前後も気にしながら着替えるようになるので、自分で着やすい形の服を選んであげる事が大事です。

 

デザインの他に気にしておくこと

子供の服を選ぶ時や子供に服を着せる時に気にしてほしい点をまとめました。

子供は基本的に薄着で大丈夫!!

大人の感覚でつい冬は子供に3枚重ねて服を着せてしまうことがあります。

一般的に「子供は寒いと風邪をひく」という感覚が私たちには染みついているので、つい厚着をさせてしまいがちです。

しかし、子供の体は大人の何十倍も代謝が良く、たくさんの汗をかきます。体温も子供の方が高いので、厚着をすると子供の体に熱がこもってしまいます。

熱中症と同じような状態になりやすいので、子供には薄着をさせるように心がけましょう。

自分で着脱しやすいように素材をしっかり選ぼう

成長と共に子供は自分で着替えをするようになります。服の生地が固いものだと、頭や足を入れるのに一苦労していまいます。

子供が自分で着脱することができるように、なるべく柔らかい生地の服を選ぶようにしましょう。

 

さいごに

子供にはおしゃれな服を着せてあげたいという親の気持ち、とてもよく分かります。

子供服は子供の時にしか着れない服もあるので、小さいうちは親の着せ替え人形かと思えるほどいろんな服を着せてしまいます。

家庭においてはファッション重視の服をきてもかまわないと思います。もちろん子供も大人もファッションを楽しむことも大事です。

しかし、保育園や幼稚園などに通っている間は、子供も集団の中で少しずつ勉強をしているので、自分で着脱に挑戦しやすい服を選ぶことで、自分に自信を持つことができます。

子供の成長を第1に考え、適切な服を選ぶように心がけましょう!

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました