子供は遊びから脳活!!指先を使った遊びで脳を鍛えよう!!

子育て
スポンサーリンク

こんにちわ!まろんママです。
今回は、子供に指先を使った遊びを通して脳を活性化させましょうという事について書いていきます。

「手は第2の脳」と言われるほど、神経が集中している部分です。まさに脳と直結しているのです。

脳と手は密接な関係にあるということで、脳を鍛えるために手を使った遊びをご紹介していきます。

 

脳と手は繋がっている…

「手は第2の脳」と言われているほど、手と脳は密接な関係にあります。

脳を動かすためには手を動かそう!

手にはたくさんの神経が通っているため、触覚が発達しており触った情報を即座に脳に送ります。

そのため、脳と手は直結していると考えて良いほど、密接な関係にあります。

脳を鍛える「脳トレ」と言われるものは、つまり手の動きから鍛えていくことで達成できるのです。

脳を鍛えるには子供のうちがチャンス!

子供は脳に情報を入れるメモリーが大人に比べて大容量なので、たくさんの情報を入れる事ができます。

吸収も早いので子供は物事を覚えるのがとても速い!!この素早い情報処理能力は、大人になるにつれて少しずつ衰えていきます。

脳を鍛えるためには子供のうちに鍛えたほうが脳の活性化を図ることができるのです。

 

指先を使った遊びをご紹介!!

子供に遊ばせながらも脳トレできる「指先を使ったあそび」をご紹介します!

 

知育玩具で指先を動かして遊ぼう!!

指先を使った遊びが自然と叶うおもちゃはこれ!!

たのしく知育!やみつきBOX

一つの玩具に押す・引っ張る・触れる・回すなどなど…さまざまな手先の動きを使って遊ぶことができます。

ボタンを押すと音楽が流れたり、音が出たりするので日常生活を体験することもできるようになっています。

このおもちゃ一つで総合的な指先の運動ができるようになっています。

お値段もお手頃!!1歳のお誕生日プレゼントにもぴったりです!

 

鉄板のあそびだけど最高の指先を使った遊びはこれ!

粘土あそびは鉄板だけど最強の指先を使った遊びです!

粘土はこねたり丸めたり伸ばしたり…てのひらから指先まで全体を使って遊ぶので、脳への刺激を存分に送ることができます。

また、てのひらの感触からも脳へと情報が送られるので、脳の活性化に期待できるのです。

 

戸外で指先を使った遊びはこれ!!

砂遊びは、粘土遊び同様に指先だけではなく手のひら全体を使って遊ぶことができるので、脳の活性化に期待ができる遊びです。

砂を握ったりつまんだり、集めて形を整えたりと、考えたり触れたりしながら総合的に遊ぶことができます。

戸外に出たら積極的に砂遊びをすることで、脳に良い刺激を与えることができるのです。

 

指先を使った遊びは体力も使う!

指先を使った遊びは、静かな遊びで体力を消耗しないと思われがちですが、実はものすごく体力を使う遊びなのです。

指先を使うと脳全体を動かす!

指先を使った遊びは、指先に意識が集中するので静かにじっくりと遊び込む姿が見られます。

予想外かもしれませんが、体をたくさん動かして体力を消耗する遊びよりも、脳を動かして遊ぶ方が体力を奪われてしまうのです。

指先を使った遊びに集中することで、お昼寝もぐっすり眠ってくれるようになるのです。

 

脳を動かすと様々な成長が見られる

指先を使って遊ぶことにより、子供は形や感触、様々な分野を体験し脳に記憶されていきます。

脳を使って遊ぶので、脳から体の各部署に刺激が送られます。その刺激により体の成長が促されるのです。

指先を使って遊びながら玩具の音や砂、粘土の音などを聞きながら遊ぶので耳の聞こえが発達したりします。

脳を動かすと子供の体も刺激を受けて成長しようとするのです。

 

さいごに

「今日は子供の体力を発散させるために何をしようかな!?」と悩んでいるお母さん。

体を動かして体力を消耗すればお昼寝もぐっすり眠れるという固定観念はもう捨てましょう!

子供は体を動かして思い切り遊ぶことで体力を消耗し、お昼寝もぐっすり眠れるかもしれませんが、それよりも指先を使って脳をフル稼働する遊びをすることで、運動をたっぷりしたと同じ位に体力を消耗するのです。

子供を遊ばせながらも、脳を動かすことも意識してみてはいかがでしょうか⁉

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました