子供のおむつかぶれや汗疹が辛そう‼対策と予防方法を教えます!

子育て
スポンサーリンク

子供のおむつかぶれや汗疹は早めに対処しないと大変なことに!

こんにちわ!まろんママです。
今回は、夏に多い悩み“赤ちゃんのおむつかぶれや汗疹”について書いていきます。

夏になると汗をたくさんかくので、体に汗疹ができやすい時期ですね。特に赤ちゃんは常におむつを着用しているのでおむつの中が蒸れてしまい、お尻がかぶれやすくなります。

このおむつかぶれや汗疹は、実は放っておくと大変なことになるのです。かゆみが増すだけではなく、皮膚の表面から内面にかけて炎症を起こし、治療が遅くなればなるほど治りも遅くなります。

おむつかぶれや汗疹についての正しい知識を身に付け、適切な処置や対策を取りながら、赤ちゃんが快適に過ごせるように親としてできることを学びましょう!

おむつかぶれの原因とは…

おむつかぶれの原因
★おむつの中の水分が皮膚に当たり炎症を起こす
★おむつと肌が擦れあうことで肌が荒れてしまう。
★排泄物が肌に長時間触れることで炎症を起こす。

赤ちゃんは排泄がまだ自立できないので、おむつを常に付けていないといけません。また、言葉で不快感を訴えることができないので、我慢したり諦めてそのまま過ごしてしまうことがあります。

おむつの中は赤ちゃんの排泄物により湿気の他、汗による湿気が充満しています。その湿気が肌に触れることで炎症を起こしてしまうのです。

また、赤ちゃんは常に活発に動き回るので肌とおむつが常に擦れあっている状態です。擦れあうことで肌に摩擦が生じ、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

排便などにより、お尻に排泄物が付いたまましばらく放置しておくことで、排泄物に付着している菌と赤ちゃんの肌が触れ合い炎症を起こす原因となります。

おむつかぶれの対処法や予防法は⁉

おむつかぶれの対処法と予防法
★おむつは短時間で交換する
★排便があった場合はきれいに拭き取り、お尻を完全に乾燥してからおむつを履く
★炎症を起こしている部分にはワセリンや皮膚科で処方された塗り薬を速やかに塗る

おむつ交換の際には短時間で良いのでおむつをしない状態で過ごし、完全に皮膚を乾かしてあげましょう。おむつ交換はなるべくこまめに行い、おむつの湿気に皮膚が触れる時間を短くしてあげましょう。

排便があったらなるべく早くおむつを交換してあげましょう。お尻を拭いた後は少し風を当てて皮膚を乾燥させてからおむつを当てるようにしましょう。

おむつかぶれが酷くなってきた時や汗をかく時期は、必要に応じてシャワーでお尻をきれいにしてあげると良いです。

肌荒れをしている部分にはワセリンを塗ったり、皮膚科から処方されている塗り薬を塗り、皮膚を保護してあげることも大切です。

汗疹の原因とは…

汗疹の原因は熱と湿度に関係しています。汗が皮膚の上に溜まり、蒸発できない状態になり皮膚が炎症を起こします。

赤くニキビのような湿疹ができ、痒くて掻きむしってしまうのでどんどん炎症が広がります。酷くなると炎症部分に最近が入り膿を持ち痛みを感じるようになります。

汗疹の対処方や予防法は⁉

汗疹の予防法はまずは皮膚を清潔に保つ事。汗をかいたらすぐに拭き取るかシャワーで洗い流すなど、皮膚の上に汗をとどまらせないようにします。

皮膚がなるべく乾いている状態を保つことで汗疹を防ぐことができます。寝ている間に子供はたくさん汗をかいて汗疹になりやすいです。エアコンを上手に利用して汗疹を予防しましょう!

できてしまった汗疹は、なるべく炎症を抑えるためにおむつ交換の都度、汗をかいた都度に着替え準備し皮膚の清潔を保つようにします。

酷くなったら早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受けましょう。自己判断での薬の塗布は危険です。医師の指示に従い、正しい薬の使い方を守りましょう。

最後に

子供の肌はとってもデリケートです。小さな赤ちゃんは言葉で自分の体の状態を訴える事ができないので、子どもの状態をお母さんが汲み取り解決してあげなくてはなりません。

夏は汗をたくさん掻く時期でもあるので、皮膚の清潔を保ちながら健康に生活できるように配慮していきましょう。

汗をかくことはとても良い事なのですが、大事なのは汗をかいた後の後始末です。適切な予防法や対処法で健やかな肌を保つようにしましょう。

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました