夏に子供に読んであげたい絵本はこれ!保育士おすすめの絵本12選

子育て
スポンサーリンク

こんにちわ!まろんママです。
今回は、夏に子供に読んであげたい絵本をご紹介したいと思います。

子供は絵本が大好き!お母さんに読んでもらうのはもっと好き!

子供は絵本が大好きです!絵本を読んでもらうことで、絵と語りからお話を想像しながら聞いています。自分なりに空想を広げながらお話を楽しみます。

夏は暑くて寝つきも悪くなりがちですね。そんな夜は寝る前に一緒に布団に入りながら絵本を読み聞かせてみてはいかがでしょう⁉お母さんの読み聞かせを聞きながら、安心して眠りに入れることでしょう。

夏という季節にワクワクする絵本はこれ‼

夏が待ち遠しくなってしまうような、ワクワクする絵本ならこちらがおすすめです!

なつのおとずれ

夏にちなんだ食べ物やアイテムが続々と集まってきます!ドアの向こうには何が待っているのか⁉ドタバタな場面も面白おかしく表現されています。

絵もかわいいので私はこのかがくいひろしさんの絵が大好きです。夏がやってくるワクワク感を感じる事ができる絵本です!


なつやさいのなつやすみ
夏野菜がたくさん出てきます。出てきた野菜たちのシュールなダジャレにもほっこりします。
夏野菜に興味を持ってもらえるよう、食育のとしても利用できる絵本です。絵もかわいいので子供たちも親しみやすい絵本です!

びっくりはなび
花火を題材にした仕掛け絵本です。
花火が大きくドーンと開く様子を、仕掛けのページを観音開きや下に広げることでリアルに表現されています。
小さい子供にとっては実際の花火の音は大きくて怖いというイメージを持ちやすいのですが、この仕掛け絵本を読んでみると「花火はきれい」「花火は楽しい」と理解しやすくなっています。

ちゅうちゅうたこかいな
「ちゅうちゅうたこかいな」のことばと共に壺からいろんなものが出てきます。「次は何が出てくるんだろう⁉」と子供たちもワクワクしながら次の展開を待っています。未満児から以上児まで幅広い年齢で楽しめる絵本だと思います。

せみくんいよいよこんやです
昆虫が大好きなお子さんにはぜひ読んでほしい絵本!
蝉が長いこと地下で暮らしてきて、いよいよ地上に出ていくという蝉の成長を描いたお話になっています。
蝉の成長の様子と子供の成長が重なり、親にとっても子供にとっても命というものと向き合う事ができる素敵な1冊です。

夏といえばおばけ…ドキドキしながら読みたい絵本ならこちらをどうぞ!

夏と言えばおばけですね!子供にとっては怖いけど興味があるもの。親子で読めば怖くない!

おばけなんてないさ

童謡の「おばけなんてないさ」の歌に合わせて読める絵本です。ゆっくりと歌いながら読み聞かせると、ページをめくるたびにお化けに不思議と親しみが持てるようになるかも⁉
お化けは怖くないんだよと親子で一緒に歌いながら読める楽しい絵本です!

おばけだじょ

表紙は怖そうなお化けを連想させますが、いろんな物に変身していくお化けに子供たちも笑いながら見ています。
お化けは怖いというイメージが変わってくるかも⁉怖いけど繰り返し見たくなってしまう不思議な絵本です!

ねないこだれだ
お化けの絵本の定番といえばこれ!
お母さんも幼い頃に読んでもらったことがあるのでは⁉時代を感じるアイテムがでてきますが、お化けのイメージは現代でも変わりません。
夜に寝ないで起きている子はお化けになっちゃうぞ!と早寝することの大切さを知らせる絵本となっています。

おばけのてんぷら
せなけいこの絵本ですが、定番のお化けが出てきます。でもこのお化けはちょっとドジなおばけ。食いしん坊のお化けがドジなうさこに食べられちゃいそうになります。お化けでも失敗しちゃうんだということが分かり、ちょっと親しみが持てる1冊です。

夏をエンジョイしたくなる絵本はこちら!

夏と言えば…いろいろなアイテムやおいしい物が出てくると子供のテンションもあがりますね!

おふとんかけたら
夏と言えばアイスクリーム!子供たちの大好物のアイスクリームにおふとんかけたら…。
寝る前に子供に読み聞かせると、お布団に入るのが楽しみになってくる絵本です。いろんなものにお布団をかけるとどうなるのか、ページをめくるたびにワクワクしちゃいます。眠る前の1冊におすすめです!

くだものだもの

くだものたちが海水浴にいったらどうなるのかな⁉ダジャレと共にくだものたちが海水浴を楽しみます。子供たちが大好きなくだものが出てくるので、次は何のくだものかワクワクしながら見ています。
海水浴と果物たち、子供の大好きなアイテムがかわいい絵で表現されている1冊です。

すいかくんがね

夏と言えばすいか!子供たちもだいすきな果物ですね。
すいかくんと夏のビーチのイベントスイカ割でのお話。
すいかくんがスイカ割でパカッと割れてしまいますが、ピンチの時の一声「しんぱいごむよう!」というフレーズが、子供たちも一緒になって言うようになります!思わずすいかくんを応援したくなる1冊です!

夏は親子で絵本を楽しもう!

絵本は子どもに創造力を身に付けさせてくれるだけではなく、情緒や言葉の発達までを促してくれる総合的な教科書です。

絵を見て想像し、繰り返しのある言葉を一緒に複唱することで言葉を発する力を引き出してくれます。

夏の夜に子供と一緒に布団に入りながら絵本を見て、ワクワクしたり笑ったりしながら楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか⁉

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました