保護者とのコミュニケーションツールである連絡ノート、書き方はどうしたら良い⁇

保育士
スポンサーリンク

保護者とのやり取りで重要なツールの連絡ノート。しっかり活用できていますか?

こんにちわ!まろんママです。
今回は保育園で使用されている連絡ノートについて書いていきます。

保育園で保護者と保育士がコミュニケーションを取るためのツールとして活用されているのが連絡ノートです。
保護者は家庭での子供の姿や食事の内容・睡眠や健康状態などを記入してきます。一方、保育園では食事の様子や排便、活動の様子などを記入します。保護者はそれを見て、日中わが子がどのように過ごしたのかを知ることができるので、毎日「何が書かれているかな?」と楽しみにして待っています。

保育士は、文章で子供の様子をしっかりと・簡潔に伝えなくてはいけないので、適当な文章で書いてはいけません。
伝わる文章・心のこもった文章を常に意識してノートを書いていくことが重要ポイントとなります。

伝わる文章の書き方とは?重要なのはメモ帳を準備すること!!

保育士は、その日の子供の様子を連絡ノートに記入するために子供の様子をしっかりと観察しながら保育しなくてはなりません。
しかし、多くの人数を担任している場合、一人一人の姿を記憶しておくのはとても困難です。

そんな時は、ポケットにメモ帳を常に入れておく習慣をつけましょう。メモ帳には活動しながら子供が発した言葉や友達とのやり取りなどを簡単に記録しておきます。

また、このメモは保護者から朝の受け入れの際、体調面などで気になる点や気を付けてみてほしいと言われた事などをメモしておくと、忘れずに記録しながら保育をして連絡ノートに書きいれることができます。
保護者としては、担任と会える機会が少ないので会った時にいろいろ聞いてみたいことがたくさんあると思います。気にしていたことをちゃんと見ていてくれた!という安心感が得られると、保育園に子供を預けて良かったと保護者も安心することができます。

保護者に伝わる連絡ノートの書き方。NGな書き方とは?

それでは、保護者に伝わる連絡ノートの書き方と、やってはいけないNGな書き方について考えていきましょう。

保護者に伝わる連絡ノートの書き方
★保護者の書いてきた内容に寄り添うコメントを書く
★簡潔かつ分かりやすい文章
★丁寧な文字で誤字脱字がない

保護者は家での子供の様子や、子供のかわいらしいエピソードなどを書いてきます。それに対して保育に関係ないからといってスルーしてはいけません。保護者はノートを通じて子供の姿を知ってほしいのです。ですからまずは共感するコメントを書いてあげましょう。共感のコメントがあるだけで理解してもらえたという満足感と保育者に対しての親近感が持たれるでしょう。

子供の様子を記述する際は、簡潔かつ分かりやすい文章を心がけましょう。状況を理解しやすい文章を書けるように意識していきます。

書きたい状況
今日はお散歩に行った
子供のリクエストで東公園に向かった
途中でドングリの木をみつけた
「お母さんにお土産にする」と言いながら拾い集めていた

上記のような状況を分かりやすい文章とわかりにくい文章で書いていてみました。

分かりにくい例
今日は天気も良くて子供たちも元気そうだったのでお散歩に行くことにしました。「どこに行きたい?」と聞くと「公園!」という子が多かったので東公園にお散歩に行きました。手をつないで歩いていると、途中で木がありドングリがたくさん落ちていました。〇〇君もドングリをひろっていました。「おかあさんにお土産にする」と言いながら拾っていました。
わかりやすい書き方の例
今日はお天気が良かったので、子供たちのリクエストで東公園にお散歩に行くことにしました。歩いていると途中にドングリの木があり、〇〇くんも夢中になって拾っていました。「お母さんにお土産にするんだよ!」と言いながら拾っていましたよ!とっても優しいですね。

上記の2つを比べてみても分かる通り、状況を伝えたい保育士の思いが先行して余計に分かりにくい文章になってしまいがちです。しかし、要点を絞り子供に焦点を当てた書き方を意識すると、簡潔かつ分かりやすい文章で書くことができます。

この他、誤字脱字はもちろんのこと丁寧な文字で書くことは基本中の基本ですね!いくら時間が無いときでも、文字は丁寧に誰が読んでも見やすい文字で書くことを意識していきましょう。

やってはいけない連絡ノートの書き方
★絵文字や顔文字
★話しことば
★保育士の体験ばかりを書く

連絡ノートは保護者と子供の様子をやり取りする大事なツールです。互いに顔は見えなくても文字と言葉で会話をしています。保護者は決して保育士の友達ではありません。ですから絵文字や顔文字は使わないで書くことは基本です。状況を伝えるために絵で図解することはあるかもしれませんが、絵文字や顔文字は使用せずに、文章で状況や心情を伝えることができるようになりましょう。

また、文字においても言葉遣いはとても重要です。その人の人柄を表すといっても過言ではありません。連絡ノートに例えば「ぶっちゃけていうと」「めっちゃ」などの話ことばを使うことはぜったいにやめましょう!

保護者の育児の悩みについて書く時も、保育士自身の子育ての体験談を書くこともやめましょう。わが子の事と書かずに、「こうしたら改善できた子もいましたよ」というような、誰かを特定できないような書き方でアドバイスをしていくと良いです。保護者は保育士の子供のことには興味はありません。わが子のことを心配して相談しているのです。保育士の子供の話ばかりしていると信頼関係が薄くなっていきます。

分かりやすい連絡ノートの書き方で保護者と良い関係を築いていきましょう!

保護者とのコミュニケーションツールである連絡ノート。互いに顔が見えなくて文字だけの会話になりますが、その文字の中にたくさんの子供に対する思いが込められています。
直接会って会話をすることももちろん大切なのですが、常に担任と会うことが難しいため、連絡ノートを使ってのコミュニケーションが大切になってきます。
保護者にとってはこの連絡ノートが育児日記の代わりになっているので、わが子の成長記録の一つでもあります。そんな保護者の思いをじゅうぶんに理解した上で、保育士は常に丁寧に連絡ノートを記入していくことを意識していかなくてはなりません。

保護者と保育士が互いに良い関係を築いていけるよう、連絡ノートは大切に扱っていきましょう!!

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました