ワンオペ育児に悩むお母さんにエールを!!時には肩の力を抜いてもOK!

子育て
スポンサーリンク

ワンオペ育児とは⁉ワンオペ育児という言葉が定着しつつある日本の未来は⁉

こんにちわ!まろんママです。
今回はワンオペ育児について書いていきます。

最近、ネットで見かけることが多くなった「ワンオペ育児」という言葉。一体どういう意味で使われているのでしょうか⁉気になったので調べてみました。

ワンオペ育児とは・・・
配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「ワンオペレーション」の略で、コンビニエンスストア飲食店で行われていた1人勤務のこと。1人で全てをこなす過酷な状況から、それを行っていた企業がブラック企業だとして社会問題となった。こうしたブラック企業の「1人で全てをこなす」状況と近いことからネットを中心にこの言葉が使用されるようになった。

保育士をしていると、このような状況のお母さんにたくさん出会います。日中は子供を保育園に預けて家庭に帰ると家事と育児を一人でこなす様子をお便りノートや送迎時の会話から聞き取ることができます。

しかし、このワンオペ育児とは単身赴任の家庭や夫の帰宅が深夜になる家庭だけに当てはまるものなのでしょうか⁉このワンオペ育児という言葉の流行の背景には、育児に参加しない夫への妻の反抗心も込められているのではないのでしょうか⁉

ワンオペ育児という言葉が流行する背景に、日本の育児の形態が変化してきたと言えるのではないかと感じてしまいます。

 

ワンオペ育児とはどういう状況の育児⁉夫が家にいてもワンオペ育児の状態もアリ⁉

ワンオペ育児とは上記にある通り、夫が単身赴任など何らかの理由で一人で仕事・育児・家事をこなさなければならない状況のことを指します。

一般的には単身赴任や深夜の帰宅の夫に代わり妻が家事・育児・さらには仕事までもこなしている状況の家庭で使われるワンオペ育児という言葉。

夫の仕事の都合であるとはいえ、家庭を守り支えるお母さんにとっては子育ても一人でこなさなくてはならない状況。これは本当に重荷を抱えてしまいます。

しかし、夫が単身赴任ではなく家にいるけれど育児に参加しないためワンオペ育児せざるを得ないお母さんもたくさんいるのも現状です。

私まろんママの家庭もワンオペ育児状態です。夫は毎日定時で帰宅します。帰宅しても洗濯ものを畳む程度の家事を手伝いますが、あとは夕飯ができるまでテレビをみているかスマホをいじっているかのどちらかです。

その間、まろんママはどうしているかというと…

仕事から帰宅→夕飯の下準備→子供の習い事やスポ少の送迎→帰宅→片づけ→夕飯準備→子供を風呂に誘導→夕飯→後片付け→次の日の朝ごはんの準備→自分が風呂に入る→洗濯を干す→ペットの世話→子供を寝かせる→持ち帰りの仕事→就寝

こんな感じで私は帰宅後に動いています。しかし、夫は何もせずにテレビを見ているかスマホをいじっているだけ…。子供の習い事にも送迎を頼むと嫌々行くくらいで、子供の学校行事や子供会などの行事にも一切参加せず私に放り投げてきます。

最近は、私のように夫が家にいても一人で仕事・育児・家事すべてを背負っているお母さんも「ワンオペ育児」というのではないかと思っています。

ワンオペ育児のお母さんが思う理想の子育て像とは⁉育児の大変さをどうすれば軽減できる⁉

母親は妊娠・出産という体を犠牲にしながら大仕事を終え、休む暇もなく育児に移ります。父親にとっては子供の誕生は何より嬉しいが、育児とはどうしたら良いか⁉分からないから母親に任せておく…。という考えの夫も多いのでは⁉

父親の方にも育児に参加しにくい理由はあるのですが、母親一人に負担をかけてしまうケースが多くなるようです。母親は負担を一人で抱えると自分の子育ては「ワンオペ育児」と思うようになってしまいます。

夫が子育てに参加するかしないかは、妻の働きかけ次第とも言えます。夫に対して「これを手伝ってちょうだい!」と気軽に言える関係であれば言われた夫も気持ちよく手伝うことができますが、夫が返事を渋ったりすると「二度と頼まない!」と思いますよね。

育児や家事に対して手伝ってほしいことを夫に働きかけても、良い返事や態度をしない場合は、無理に手伝ってもらおうとしなくて良いと思います。しかし、お母さんが一人で苦労を抱え込むこともないと思います。

では、どうしたら良いのか⁉一人で抱え込むとストレスがどんどん溜まる一方なので、自分の心と体にも良くないです。育児のストレスや悩みを外に発散できるよう、誰かに話を聞いてもらうことが一番良い方法です。

気を遣わずに何でも話せる人や場所を持つことはとても大切。友達でもママ友でも良いので、ワンオペ育児の不満を話して共感しあえる時間を少しでも持つことで、自分の気持ちをすっきりさせることができます。

育児のストレスを一人で抱え込まず、利用できる場所は何でも利用していきましょう!

育児を一人でこなさなくてはならない状況のお母さん、あなたの抱える状況は痛いほどよくわかります。しかし、一人ではないという事を覚えておいてほしいです。

お母さんが一人で育児やその他のストレスを抱え込まなくても良いように、友達やママ友・SNSなどのコミュニティーを通して悩みを共有できる人が必ず身近にいるはずです。

そうした人たちと悩みを話し合い、共感しあえるだけで自分の育児や家庭の悩みを外に出して心を軽くしてほしいと思います。私の場合は職場の仲間やママ友に夫や義母の愚痴を毎日のように話しています。

悩みは抱え込まずに外に発することが大事!!同じ悩みを抱えた人は外にたくさんいます。ぜひ外に目を向けてみてください!!外の世界にあなたの救い主が待っていますよ!

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました