スマホ育児は危険⁉正しい使い方で親子のコミュニケーションを増やそう!

子育て
スポンサーリンク

スマホは便利!!動画を見ていると子供は大人しくしているので家事が進みます

こんにちわ!まろんママです。
今回はスマホ育児について書いていきます。

現在、スマホを持っていないお母さんというのを見かけることはかなり珍しくなりました。それほどスマホの普及率が高いと言えます。

スマホはとても便利!通話やネット、動画や写真まで撮れるし、スマホで買い物もできてしまう。スマホ1台あれば生活が成り立ってしまうほど日々の進化も目覚ましいものです。

育児中のお母さんで、レストランや新幹線の中などで子供にスマホで動画を見せている光景をよく見かけます。子供が大人しくしてくれるからついスマホに頼ってしまいますよね。

私もスマホやタブレットを使って育児をしていました。家事をしている間子供が大人しく遊んでいてくれるの動画を見せていました。ある程度時間を決めて使用するようにしていましたが、子供に求められるとつい時間外でも見せてしまいました。

スマホに育児を任せることは決して良くないと分かっていながらも頼ってしまう。スマホやタブレットによる子供への影響とはどんなものなのでしょうか⁉

スマホを使用することにより子供の脳への影響は⁉

スマホが普及してきて約10年ほどですが、スマホが子供の脳に深刻なダメージを与えるなどの研究結果は、現在のところまだ不確かなものです。

しかし、眼科医や小児科医、大学の教授などが口を揃えて話すのは、スマホ育児は悪いことではないが大切なのはスマホを見る時間とスマホと子供の目の距離だと言います。

眼科医の見解としては、0~6歳の子供は目のピント調節機能が育つ時期でもあるので、スマホを目に近づけて見ることによってピントの調節機能に影響が出る可能性も否定できないと言います。

また、遠くを見るより近くを見るほうが目の疲労は大きいので、スマホなどの小さい画面を顔に近づけて見ると子供にとっても目の疲労が大きくなるのです。画面から最低30センチは離れて見るようにし、時間は15分程度にすることが大切です。

スマホを上手に活用すれば子供の成長には問題なし!スマホ育児には別の問題があった!

スマホを使って育児をすることは悪いことではありません。子供がスマホをみる時に時間と目の距離を守ることが大切です。しかし、スマホ育児は使い方を間違えると恐ろしい影響が隠れています。

スマホを使っている親の方にも、子供に影響を与えてしまうことがあるのです。育児をしながらもスマホをいじっているお母さんも多いですが、まさにこれが子供に大きな影響を与えているのです。

親がスマホを常に見ていると、子供は遊んでいても親と顔を合わせてもらうことはできません。遊んでいて楽しいことをお母さんに伝えたくて「見て!見て!」と訴えてくることがあります。その時にお母さんはスマホを見たまま「すごいね~」と感情のこもらない返事をしてしまうと、子供はがっかり…。

スマホを見ている時のお母さんは表情が無くなり、その姿を見ている子供も表情が無くなっていきます。親の姿や表情を見て子供は育つので、スマホを見てばかりいるお母さんが一番子供に悪い影響を与えていると言っても過言ではありません。

親もスマホを見る時間に気を付け、子供とはなるべく顔と顔を合わせてアイコンタクトを取ること、これが育児の上で一番大切なのです。

 

スマホを上手に活用すること!子供と親はしっかりと顔を合わせる事で育児上手になりましょう!

便利で生活に欠かせないアイテムのスマホ。大人にとってはビジネスも生活も情報を得るための必須アイテムですね。

子育てする上でも育児の悩みや病気について調べたり、病院などの施設の予約をしたりと欠かせないアイテムです。

スマホは親子ともに使えるアイテムですが、使い方を間違えると親子関係や子供の人間性に影響が出る可能性があります。その影響を与えるのはスマホを使っている親!

スマホを使う時は子供が寝ている時や何かに夢中になっている時などにしておきましょう。子供が振り返ったらいつでもお母さんが見ていてくれる!そんな状況があれば子供は安心して過ごせます。

スマホと親子関係はとても重要な要素が含まれていますね!私もすまほより子供の顔をみるように気を付けたいと思います。

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました