【ハロウィン】の起源と由来を理解してから保育行事に取り入れよう‼

保育士
スポンサーリンク

こんにちわ!まろんママです。
今回は、保育の中でハロウィンをどのように子供に伝えて行ったらよいのかを書いていきます。

今では国民的な行事となっているハロウィンですが、お菓子メーカーやおもちゃ業界、様々な業界で争うようにハロウィンの企画を取り入れています。

保育の中でもハロウィンを誕生会に合わせて行ったりと、行事の一つとして楽しんでいる保育園も増えているのではないでしょうか!?

何となくハロウィンという風習が日本で定着しつつあるから便乗して保育に取り入れようという考えではなく、しっかりハロウィンを理解した上で保育に取り入れ、子供たちに伝えてみてはいかがでしょうか⁉

 

【ハロウィン】の由来とは何かを調べてみた

そもそもハロウィンとは何のためのイベントなのか、しっかり理解してみようと思い調べてみました。

ハロウィンとはどんなお祭りなのか!?

ハロウィンの由来
ハロウィンは、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、日本でいえばお盆にあたる行事になります。現在は10月31日がハロウィンとして定着していますが、正確な期間は10月31日~11月2日。キリスト教では、この期間、この世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行っています。

何となく、私たちのイメージとしてはキリスト教のお祭りでありこのような派手なイベントはアメリカが発祥ではないかと思っていましたが、意外にもヨーロッパから始まったのですね。

キリスト教の世界でも日本の「お盆」のような習慣が存在し、死者の魂を迎える日が存在していたのです。

ハロウィンの由来と起源とは⁉

ハロウィンは、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源といわれています。古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。しかし、悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり、子どもをさらったり、現世の人間たちに悪いことをするといわれていました。そこで人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったといわれます。
やがて、キリスト教圏へ広がりましたが、最近では宗教的な意味合いが薄れて大人と子どもが仮装をして楽しめるイベントになっています。

ハロウィンで仮装したりカボチャのランタンが出てきたり、お化けが出てくるのは悪霊を追い払おうとする意味があったのですね。
こうした宗教的な意味合いが全く薄れているので、何となくハロウィンといえばカボチャくらいにしか思っていませんでした。

「ジャック・オー・ランタン」の意味とは⁉

ハロウィンのシンボルとしてよく目にするのが、目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタン。実はこのランタンには、「ジャック・オー・ランタン」という名前が付いているのをご存知でしたか? ジャックとは、アイルランドの物語に登場する男の名前。生前、悪いことばかりしていたジャックは、魂を取ろうとやってきた悪霊を騙したため、地獄に堕ちることもできず、死んだ後もランタンに火を灯して闇夜を歩き続けたというお話です。
ちなみに最初はカブでしたが、アメリカにハロウィンが伝わってからかぼちゃになったそう。「ジャック・オー・ランタン」は、日本でいう鬼火のような存在。怖い顔にくり抜いて部屋の窓辺などに飾ると魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるそうです。

ハロウィンのカボチャは、最初はカブであったことに驚きです!
オレンジの大きなカボチャはアメリカでよく収穫しているイメージがあります。

 

ハロウィンイベントの楽しみ方

ハロウィンを子供と一緒に楽しむためにはどうしたら良いでしょうか⁉
正しいハロウィンの由来を理解して、しっかり子供に伝えることが大切だと思います。

なぜ仮装するのか!?仮装はどんなものを選べばよいのか

ハロウィンになると先祖の霊と一緒に悪霊もやってきて、人間たちに悪運をもたらしたり、いたずらをするため、魔女、ゴースト、ゾンビ、ドラキュラ、ガイコツ、黒猫、狼男、フランケンシュタインといった恐ろしい怪物や怖いものに仮装し、悪霊を怖がらせて追い払うのが習わしになっています。また悪霊と同化することによって、悪霊がもたらす災いを遠ざけるという意味もあるようです。

悪霊を怖がらせるために怖いものに仮装をしているのですね。
日本では子供も大人も様々なものに仮装しています。中には「コスプレ」になっている方もいます。

正しいハロウィンの由来を知れば、仮装の仕方も変わってきますね!!

「トリック・オア・トリート」とはどんな意味!?

ハロウィンといえば、魔女やモンスターに扮した子どもたちが街を練り歩き、「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)と玄関先で声をかけてお菓子をねだる風景が名物。「トリック・オア・トリート」と言われたら、大人たちは「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡すのがルールになっています。もし、お菓子をあげなかったら本当にいたずらされちゃうかも!? お菓子は悪霊を追い払うなどの意味があるそう。

魔女やモンスターに扮した子供たちに、「いたずらするぞ!?」と言われると「こりゃ大変!」とばかりにお菓子を渡さなくてはいけませんね!

お菓子は日本のお盆の「お盆玉」とも似ているのでしょうか!?

ハロウィンに楽しむゲームがあるのをご存じですか!?

日本ではまだそれほど馴染みがないかもしれませんが、本場のハロウィンではパーティなどの余興として「アップルボビング」という伝統的なゲームを楽しんでいます。水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべ、手を使わずに口でリンゴを取る遊びで、ハロウィンとリンゴの収穫時期が重なっているため、このゲームが誕生したそう。競い方は、1つのリンゴを取るまでの時間を競う場合と、時間内に取れたリンゴの数を競う場合の2パターン。ハロウィンパーティのゲームに取り入れると盛り上がるかも!

しかし、このゲームは保育の中で取り入れるには危険を伴います。
水の入ったタライにリンゴを浮かべ、手を使わずにと取るには水に顔を付けなくてはなりません。

思わぬ事故を招かぬように、保育にこのゲームを取り入れるには配慮と工夫が必要です。
リンゴを利用したゲームを考えて、行事の中で取り入れて楽しむのも良いのではないでしょうか⁉

例えば、リンゴと収穫というキーワードから考えて「リンゴの収穫競争」と題し、気に貼り付けたリンゴのマークを誰がたくさん集められるか!?など、工夫次第では少人数や大人数で楽しめるゲームができると思います。

 

さいごに

今では日本でもビッグイベントとなりつつあるハロウィンですが、由来や起源を知らずに行事に乗っている風習があります。

大人がしっかりとハロウィンの意味を知らずに仮装を楽しんで大騒ぎしている姿がメディアで取り上げられていますが、大人がもっとハロウィンの意味を理解しもっと大切に扱うべきなのではないでしょうか⁉

ハロウィン日本の習慣でいう「お盆」と同じものです。
日本人はお盆はお墓参りをする習慣があります
キリスト教においても、死者の魂を慰め迎え入れる意味があるので、何も意味を理解せずに仮装して大騒ぎするイベントに変えてしまっているのは日本人なのです。

逆の立場で考えると、外国で日本のお盆を真似して酒を飲んで大騒ぎしていたら、日本人はどう感じるでしょうか⁉
このように、間違えた風習を見直し子供に正しく伝えていくことが大切なのではないでしょうか⁉

ハロウィンというイベントを正しく理解し、楽しむことを教えるのが私たち大人の役割なのではあいでしょうか…。

 

本日も読んでいただきありがとうございました 🙂

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました